カーペットを取り入れるとおしゃれになる以外にもメリットがある

ラグマット

カーペットを敷いてオシャレなお部屋に

もし今あなたのお家でを使っていないなら、私は是非、カーペットを敷いてみることをお勧めします。お勧めの理由として、まずは見た目のオシャレが楽しめることです。ひとことにカーペットといっても、今はいろいろな色や柄、サイズや素材があります。以前私の家は四角くて大きい、地味なベージュのカーペットを敷いていました。
子供が生まれたことをきっかけに、柔らかく肌触りのいい、オフホワイトのカーペットに買い替えました。すると、フワフワな素材感がオシャレな雰囲気を醸し出し、さらにベージュからオフホワイトに変えたことで、部屋の印象がとても明るくあか抜けたものになりました。私は無難なオフホワイトを選びましたが、グリーンや赤などのカラーものや、北欧柄のカーペットを選べば、さらにオシャレなお部屋になること間違いなしです。
2つ目の理由として、肌触りがいいものがたくさんあることです。フローリングの床は固く、そのまま寝転んだりする気にはなりませんよね。家はソファが3人がけのものなので、友人が遊びにきた時などに、何人かはカーペットに座ることになります。そんな時、フワフワのカーペットを敷いておいて本当に良かったなと思います。
そして私のカーペットをお勧めする最大の理由は、丸ごと洗えることです。以前使っていた大きなカーペットは、家で洗うことが出来ず、衛生的ではありませんでした。カーペットは、いろいろなサイズ感のものが出ていて、丸ごと洗濯機で洗えるものもありますよ。

カーペットのある生活

カーペット?一人暮らしをする際に私がカーペットという言葉を聞いた時に?が頭に浮かびました。もしかしたら私と同じように感じた方は多いかもしれません。カーペットというのはカーペットの小さい物のことです。大きさで言うと3畳ほどのものをカーペットと呼ぶそうです。
私が実家で使っていたのはカーペットだったので、初めて聞いたカーペットという言葉に思わず?が出てしまったのでした。そんなカーペットですが、私の中では生活に欠かせない物として存在しています。カーペットを使うことのメリットを2つご紹介します。
一つ目はカーペットのおかげで、部屋の雰囲気を変えることができる点です。カーペットは3畳ほどの大きさですが存在感は結構あります。カーペットを数枚持っておけば気分によって部屋の雰囲気をガラッと変えることができます。また、大きくないので値段も1万円以下で買えるものが多く購入しやすいので数枚持つことが比較的楽にえきます。
2つ目はリラックスできるという点です。今の住宅はほとんどフローリングです。畳と違って固いフローリングは寝転がると、体が痛くなってしまいます。しかしカーペットをひくことによって、床は柔らかくなり、ごろっと寝転がることができるようになります。もちろんただ床に座るだけでも、疲れ方が全然違います。以上の2つのメリットがあるカーペットをぜひ使用してみてください。

カーペットとカーペットの違いとは

カーペットと聞いても少しピンと来ない人もいるのではないでしょうか。なかにはカーペットの別名と思われているかたもいますが、厳密には別物です。カーペットは部屋全体に敷き詰めるのが一般的ですが、カーペットは部屋の中央などのワンポイントのみで使用される場合が多く、カーペットとカーペットの違いは全体かワンポイントかと考えるのが一般的です。
例えば、リビングなどフローリングの場合、寒い時期はフローリングでは寒く感じると思います。しかし、カーペットを敷き詰めたら掃除が大変になると考えている方も多いのです。そこで、寛ぎの場所であるソファの周辺だけカーペットを使用することで、寒さ対策を行ったり、フローリングの部屋でも床に座ることが出来る空間を少しだけでも確保するため、カーペットを使用される場合が多いと言えます。
また、カーペットはお部屋のインテリアとして活用される方も少なくはありません。お部屋がなんとなく殺風景だなと感じたことがありませんか。そんなとき、部屋の中央にお気に入りのカーペットを置くだけで、素敵なインテリアとして完成します。カーペットはカーペットと違い、形が様々なのも特徴で、丸形やハートなど多種多様です。最近では動物の形などユニークなものも増えており、カーペットは遊び心の詰まったインテリアグッズと言えます。

Contents

TOP